アウトドア用水タンク・シャワー

水タンク内の水がコンプレサーに逆流する理由が分かった

スポンサーリンク

アウトドア用水タンクから水が逆流

釣行後のシャワーやキャンプなどで使うために塩ビパイプで水タンクをDIYしました。

暫く使っていると、ホースには穴が空き、バルブのことからもエア漏れしていることに気づきました。

ホースを交換し、バルブシステムも交換し解決と思っていたのですが、またエア・水漏れが再発。

以前は、コンプレッサーまで水が逆流してしまいコンプレッサーも交換しました。

理由はホースをつなげっぱなしにしているから

1年以上気づかなかったのですが、仕事中に原因を思いつきました。

水タンク内にコンプレッサーで圧をかけているのですが、バルブは車用・ホースなどもそれ用です。

車のタイヤに空気を入れる時もそうなのですが、空気入れのアダプタをタイヤのバルブに接続しているときだけバルブの弁が開き空気を入れることができます。

そして、弁が開いている時には当然空気も抜けます。

ずっと、バルブが入っているから逆流することはないと思いこんでいたのですが、ホースをつなげっぱなしにしているので当然弁は空きっぱなしです。

弁がひらっきぱなしなので、走行中の揺れでホースに水が入ると重力で下の方に水が落ちてしまうのです。

タンクを使わない時はホースを外す

少し面倒ですが、水タンクから水を使う時以外はホースは外しておくことにしました。

そうすることで、ホースについてるアダプタの弁も働くし、水タンクのバルブの弁も働いてくれます。

ただ、ネジ式だと外すのは億劫になってきそうなのでワンタッチで脱着できるアダプタを購入し接続しておきました。

また、万が一のことも考えて水タンクとコンプレッサーの間に長いホースを使って、水タンクよりも高い位置を一旦エアが通るようにしています。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ スバルへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
kawをフォローする
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

コメント

オススメ