油温・水温の対策

油温が120度まで上がる問題を解決したい

高速道路で油温が120度まで上昇

高速道路走行中、油温が120度まであがる問題。熱ダレなのかECUが制御しているのかは分からないけど、油温が120度まであがると急に加速が悪くなる。

その際の水温(ロア)は95度。こちらも結構高め。

制御されていたとしても油温120度は問題。エンジンオイルの劣化を早めてしまう。また、現在使っているエンジンオイルの粘度で大丈夫なのかも疑問。

対策を考えてみる

オイルクーラーの取り付けが手っ取り早いんだろうけど、取り付け位置やオイルポンプの能力などもあるので、すぐに「これ!」という商品を見つけることができない。

オイルパン内のオイルのみ冷却する何かがあればいんだけど、オイルパンに穴をあけるしかないっぽい。

溶接機を購入したとしても、オイルパンはアルミ製。アルミ溶接なんて出来る気がしない。

エンジンオイルを別のメーカーのものに変えてみる

現在使っているエンジンオイルは、「モリブデン」とか「軽トラ」というキーワードにひかれて購入したエンジンオイル。

油温が高めになるのは許容して高温時にも粘度を保つ粘度のエンジンオイルに交換しておいたほうがよさげ。

しかし、粘度を高くしても油温120度まで上がると劣化は早いと思う。

今回セールになっていたので、カストロールのエンジンオイル10W-40を注文しておいた。

リアバンパーに穴を開けてエンジンルームの風ぬけを良くする

リアバンパーでパラシュート効果というのが発生して負荷になるという記事や動画をチラホラ見かけたので対応。

サンバートラックはリアエンジンなので、パラシュート効果が軽減さればエンジンルーム内の熱気も排出してくれるんじゃ?

パラシュート効果が軽減されれば、エンジンの負荷も軽減されて結果、油温が上がりすぎることも防止できるんじゃ?と考えやってみた。

ラジエターにもっと走行風が当たるようにする

ラジエターのアッパーホースにも水温計をつけた時に車の下に潜りラジエターも見た。ラジエター越しにフロントバンパーの走行風を取り入れるところが見えるんだけど、フロントのアンダーカバーなどもあり効率よくラジエターが冷えていないような気がした。

もっとラジエターに走行風が当たれば、ロアの水温が95度とかまで上がるのを防げるんじゃ?

フレーム吸気を廃止して、フロントバンパー内にあったレゾネーターも取り外してある。そのレゾネーターの付いていたスペースからラジエターまでパイプを使って走行風をラジエターに当てることも試してみたい。

パイプを通すスペースがないようなら送風機を使って風を当て続けることも検討。

オイルパンにヒートシンクを貼る

オイルパン内のエンジンオイルを冷やすことができないのかな?といろいろ探していた時に、良さげな商品を発見。

普段見かけるCPU用のヒートシンクではなくある程度曲げたりカットすることができるヒートシンク。

ヒートシンクを貼り付けてる際、ヒートシンク自体が結構熱を持ったので期待したけど油温計で確認できるほどの効果はなかった。

ラジエターを交換

結構面倒そうなのでできれば避けたい対応。しかし、20年以上走行している車だしラジエター自体の能力が落ちていることも考えられる。

オイルクーラーの取り付け

サンバートラックのオイルエレメント部分にはアダプタを挟んで油圧センサー・油温計が既についている。

そして、結構低い位置なので下の方に飛び出すことができないのでこの2つを取り付ける時も結構苦労した。

オイルクーラーの為に更にホースを取り付けとか至難の業だと思うのでできればオイルクーラーの取り付けも避けたい対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました