水性塗料で助手席ドアの塗装やり直し

塗装

7月に1日の突貫工事で終わらせたオールペン。面取りがキレイに出来ていなかったり刷毛のムラが目立ったりと色々気になるところがあったので本日助手席部分をやり直し。

今回は新兵器「電動スプレーガン」があるので楽しみ。

前の塗装を剥がしながらヤスリで面取り

前回塗った塗料を耐水ペーパーで削りつつパテも削って面取り。600番だとなかなか終わらない・・・

触ったかんじなめらかになるまで根気よく続ける。

前回パテをしっかり平にしなかったので結構時間がかかった。

塗装

初めて使ったけど、スプレー缶よりも勢いよく吹き付けることが出来てかなり薄く塗ることができる。乾かして重ね塗りしたらいいのに、欲張って厚塗してペンキを垂らしてしまう。やり直しは確定なんだけど可能な限り削る作業を少なくしたいとウェスで拭き取って更に被害を広げてしまうw

そして、パテをしっかりなめらかにしたつもりだったけどあまり改善されていないことにも気づく。

塗装して見ると本当によく目立つ。全体的にやり直すことが確定。

再度、塗装を落としながらパテもなめらかにする

たった今塗った塗装を剥がすのはかなりのダメージだけど仕方ない。耐水ペーパーでコツコツ削ればキレイになめらかになるんだろうけど、面倒なのでグラインダーを使ってなめらかにする。

グラインダーの後、耐水ペーパーで仕上げ。グラインダーだとパワーが有りすぎて多少凸凹するけど仕方ない。

今度は薄塗りを繰り返す

地金が見えるくらいまでグラインダーで削ってしまったのでまずは錆止めを吹き付ける。そして、先程の失敗を反省して薄塗りで何度か繰り返す。

3度ほど重ね塗りをして完成。

グラインダーを使って横着した分多少凸凹は残ったけど、もうこれで良しとする。他、荷台を黒色で塗った時に間違ってはみ出てしまったところもついでに塗っておいた。

他の部分はサビの様子をみながら・・

他も気になるっちゃ気になる部分はあるけど、錆びが出てきてから考える。電動スプレーガンを使えば薄塗りできるので刷毛よりキレイにできるので気軽に塗り直しできるし。

電動スプレーガンは・・

スプレーガンを使ってみた感想。

  • 缶スプレーより周りに飛び散りずらい
  • 缶スプレーや刷毛よりも薄塗りできる
  • 30分ほど置いておくと目詰まりするので都度ノズル掃除の必要がある
  • 刷毛で塗るよりも塗料の節約になる

こんな感じ。マキタのバッテリーも必要なので全部揃えるには勇気がいるけどバッテリーさえ持っているんだったら1万円くらいでちょっとした塗装はいい感じでできる。

刷毛やスプレー缶よりも薄く塗ることができるので塗料にも無駄が出ない感じ。マキタのバッテリーを使う中国メーカーの商品だけど、これはいい商品!

後日確認してみたら・・

後日、何気に塗装し直した箇所を見てみたら塗った当日は綺麗だったのにグラインダー跡などが結構目立つようになっていた。

完全に乾くと仕上がりも変わるらしい。これもう一回剥がしてパテで平らにしてやり直しだな・・・

にほんブログ村 車ブログへ  にほんブログ村 車ブログ スバルへ
プロフィール

2021年6月に赤帽仕様のサンバートラックを購入。釣りのために色々いじった記録のブログです。

kawをフォローする
スポンサーリンク
塗装
シェアする
kawをフォローする
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

コメント

タイトルとURLをコピーしました