その他

シビアコンディションとは

シビアコンディション(厳しい使われ方)とは

車関連の動画やサイトをみているとよく見かける「シビアコンディションの場合」ってやつ。薄っすらとサーキット走行や高速道路を多く走ることだと思っていたんだけど、そうではないらしい。

スバルの定義するシビアコンディションは以下。以下のいずれかの条件に該当した場合シビアコンディションとなり、通常の点検・交換時期より早め(通常の時期の1/2)に点検・交換するように書かれている。

悪路(凸凹道、砂利道、雪道、未舗装路等)

走行距離の30%以上が次の条件に該当する場合。

  • 運転していて体に衝撃(突き上げ感)を感じる荒れた路面。
  • 石を跳ね上げたり、ワダチ等により下廻りを当てたりする機会の多い路面。
  • ホコリの多い路面。

走行距離大

1年で20,000km以上走行する場合。

山道・登降坂路

走行距離の30%以上が次の条件に該当する場合。

  • 登り下りの走行が多く、ブレーキの使用回数が多い場合。

短距離走行の繰り返し

1回の走行が8km以下が多い場合。

高速道路の走行はシビアコンディションではない

高速道路を走っていると水温は上がるしシビアコンディション!って思っていたけどシビアコンディションには含まれないらしい。

古い車の資料だから?って思って調べてみた。国土交通省がシビアコンディション定義していた。スバルの資料に記載されていた内容とほぼ同じ。高速道路は日常の走行の範囲内ってことかな。

サーキット走行は日常ではないので、シビアコンディションに含まれそうだけどメーカーや国土交通省はサーキット走行は想定していないってこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました