電気系統内装・オーディオ

車内の充電器(置くだけ)を変更

スポンサーリンク

充電器を肘置き下へ

ATOTO S8を使い始めた後、車内のフロント周りを整理しました。

ATOTO S8でGoogleナビを使えますので、スマートフォンも運転しながら見える場所で充電する必要がなくなり、充電器を肘置き下へ移動

しかし、今まで使っていた充電器は横向きにしか取り付けすることができませんでした。

これでは、スマートフォンを設置しづらいし運転中に腰が当たりそうで気になります。

パットに置くだけの充電器

今まではスマートフォンでGoogleナビを使っていたのでスマートフォンを寝かせて充電する必要がありました。

しかし、肘置き下に移動しましたのでスマートフォンを寝かせて充電することができます。

車で使える12VもしくはUSBから電源を取ることが出来る15Wのワイヤレス充電器を探してみました。

こちらの商品なら15Wで急速充電ができそうです。

USBはQC3.0必須

ワイヤレス充電器が届き、USB端子を見てみるとタイプAの大きな端子でした。

このタイプですと、QC3.0対応のUSBが必要です。

QC3.0の最大出力電力は36Wですので、今回のワイヤレス充電器の15W急速充電が可能です。

先日肘置き下に移動したUSBポートを確認しました。QC3.0にもPD3.0にも対応しています。

本当に15Wで充電出来るのかテスト

そうは言っても中華メーカーです。本当に15W充電出来るのか分かりません。

事務所で使っているELECOMの15W急速充電対応の充電器でスマートフォンを90%まで充電し、残りを今回購入した充電器で充電してみました。

青い部分がELECOMの充電器で充電したグラフです。黄色い部分が今回購入した充電器。

グラフの角度は変わっていませんので15Wでしっかり充電できていることが分かります。

DIYした充電器スタンドを再利用

以前巨大なスマートフォン用に作った車載充電スタンドの木枠が、肘置き内の棚に奇跡的にピッタリはまりました。それを再利用します。

木枠に購入した充電器を貼り付けました。貼り付け位置は実際にスマートフォンを置いて充電される場所を探して固定しました。

完成

運転席に座った状態でもスマホを起き充電したり取り出したりができるようになりました。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ スバルへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
kawをフォローする
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

コメント

オススメ