メンテンナンストラブル・改善セルモーターが回らない電気系統

セルが回らない問題の原因を探す

スポンサーリンク

セルが回らない

キーをオンにするとチェックランプ類が弱々しくしか点灯しなかったり、トリップメーターが点滅してセルさえ回らないトラブルが起きています。

バッテリーのマイナス端子を外しつけ直すと何故かセルが回りエンジンがかかります。

バッテリー交換をしても解決しないので原因を探すことにしました。

シガーソケットの電圧

電圧計は、シガーソケットとヒューズのアクセサリーからの2つ取り付けられています。

シガーソケットについている方はレスポンスも悪いので気にもしていませんでしたが、走行時に「最近こっちの電圧計13.9Vまでいかないなー」と思っていました。

しかし、今回のトラブルでECUかメーター類のあたりまで十分に電気がきていないことも考えられます。

エンジンをかけシガーソケットに指している方の電圧計を見て見ると・・13.7V。アイドリング時なのでこんなものです。

普段はそこまで上がらないのに今日に限ってしっかり電圧が上がっています。

シガーソケット自体にテスターを突っ込んで電圧を測定し見ると、14.42V。安物のテスターとはいえ十分に電圧はかかっていそうです。

シガーソケットの電圧

アクセサリー電源に接続している方の電圧計は普段どおり14V手前です。普段どおり問題ありません。

症状が出てくれないと切り分けできない

困りました。症状が出てくれないと、どこの電圧を測定しても症状は出てくれそうにありません。とりあえず、思い当たる場所をチェック。

バッテリーのマイナス端子がついている配線を増設

バッテリー付近の配線を見てみると、マイナス端子の方の配線の被膜が破れてむき出しになっています。

マイナス端子の配線がむき出し

マイナスなので問題はないのだろうけど被膜内が錆びてダメになっているのかもしれません。

太めの電線を二重にしマイナスの配線を増やしておきました。

様子見

症状が出ない以上これ以上何も出来ません。プラグの状態を見ても問題なし。とりあえず軽く磨いておきました。

高速道路の走行中少しパワーが無いような気がしたので吸気口用のBOXの穴を増やしておきました。

とりあえずしばらく様子見。

原因が見つからないどころか症状が出ない

2023年5月29日追記

3週に渡って週末にサンバーのエンジンをかけて見ましたが、セルが回らないという症状が出ません。

シガーソケットに接続している電圧計が、バッテリー(ACC)に接続している電圧計よりも低い値を出すことがある問題は、シガーソケットの接触が悪いだけでした。

シガーソケットを指し直したり、少し位置を変えてあげるとどちらの電圧計も同じ値を出します。

症状が出ないなりに色々調べていて少し気になる点がありました。

  • エアコン(冷房)全開
  • ヘッドライトON
  • フォグランプON
  • ハザードON

この状態でブレーキを踏み続けると、電圧が11V強ほどまで落ち込みます。踏み続けると行っても、1~2分と長い時間です。

そもそも上記のような状態はありえないのですが、気になります。

オルタネーターは1月にリビルド品に交換しているし、走行時などは13.9Vまで電圧が上がるので問題ないと思います。

そもそも、こういうことを想定していないサイズのオルタネーターなのか、バッテリーサイズを少し大きくしたら解決するのかは不明です。

原因見つかったかも

スピードメーターの針のみ消灯しない不具合に気づきました。これがエンジンがかからなくなる原因なのかは不明ですが、清掃し解決しました。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ スバルへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
kawをフォローする
軽トラックのアウトドア仕様カスタム・DIY

コメント

オススメ