エンジン関連トラブル・改善

ラジエターキャップの規格が合わなかった件

ラジエターキャップの交換

水温計を取り付けた時に一度だけ開けたことのあるラジエターキャップ。特に傷んでいたり古くなっているようには見えなかったけど、いつ交換したのか不明なので交換することに。

パーツリストには「45137」としか書かれていない。大抵その後ろに更に英数字がくっついているんだけど、パーツリストには「45137」のみ。ラジエターキャップに限らずサンバーのパーツリストではよくあること。

モノタロウで色々注文するついでにこれを購入

ラジエターキャップの種類(規格)が違う

既存のラジエターキャップと新しいラジエターキャップ、すでに見た目が違う。既存の方には羽根が付いていて回しやすいようになっている。

既存のラジエターキャップには羽根がついている
既存のラジエターキャップには羽根がついている
購入したラジエターキャップは円形
購入したラジエターキャップは円形

羽根の有無なんて些細な問題だろうと早速交換してみる。しかし、いくら試してもはまらない。よく観てみると裏側の形状が全く違う。

ラジエターキャップの裏側の形状が全く異る
ラジエターキャップの裏側の形状が全く異る

裏側の形状と押し込もうとした時に沈む深さが違うのではまらない感じ。

無理に頑張ってねじ込むのも怖いのでまた元のラジエターキャップに戻しておいた。おそらくサンバートラックTT1に適合するラジエターキャップはこれ。

特に今すぐ交換!というわけじゃないので次何かの機会に購入して交換する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました