工具類

GIGAファクトリーギア神戸に行ってきました

スポンサーリンク

GIGAファクトリーギア神戸とは

2024年3月1日に神戸ROKKO i PARKにオープンした日本国内最大規模の工具専門店です。売り場面積は約1,157平方メートル(350坪)で、日本国内外の一流工具メーカーが集結しています。

GIGAファクトリーギア神戸 - GIGA FACTORY GEAR KOBE

大阪に宿泊

当初、ROKKO i PARK内にホテルもあるようなのでそちらに宿泊し、2日間GIGAファクトリーギア神戸をまわろうと予定していましたが、予定変更し大阪に宿泊することになりました。

個人的には大阪には全く興味がないのですが・・・

とりあえずお好み焼きや焼きそば・たこ焼きなどの粉ものは食べてみましたが、この辺りはどこで食べても美味しさの上限付近に達していると思います。大阪だから特別美味しいとは思いませんでした。

焼きそばだけはもちもちしていてとて他とは違いました。

観光客だらけ

沖縄もそうなのですが、大阪も外国人観光客だらけです。電車内ではスーツケースで通路を塞いだり、車内放送中に大声で話していたりととてもマナーが悪いです。

日本も高度経済成長期には、日本人観光客もこのように外国に迷惑をかけたと話は聞いていますが、とにかく酷い・・・

お好み焼きをお腹いっぱい食べたので、ホテルまで歩いて帰ることにしました。帰りに刀屋さんがありました。残念ながら営業時間外だったのですが、昼間だったら中を除いて見たかったです。

GIGAファクトリーギア神戸へ

2日目は早起きして、GIGAファクトリーギア神戸に向かいました。ホテルから1時間くらいですが、電車の乗り換えなども慣れたので間違えずに最短時間で行くことができました。

電車の乗り換えなどはアプリで簡単に調べることができるのですが、駅名・路線名などは統一して欲しいところです。

田舎者の私は、六甲ライナーと神戸新交通六甲アイランド線が同じ路線だとは直感的には分からずに少し考えてしまいます。

停車駅名などで判断して同一とわかりましたが・・・

アイランドセンター(R05)で降りるとすぐにGIGAファクトリーギア神戸のあるROKKO i PARKです。

ギガは言いすぎかなw

5階にあがると、すぐにお店なのですがすぐに「ギガは言いすぎかな?」という感想です。沖縄でいうと具志川のDEPO位の大きさ。

最初から350坪位と分かってはいたのですがw

沖縄と違い地価も高いだろうからこればっかりは仕方ないのかな。

中を何周かまわり、リールのメンテナンスで必要でずっと探していた、肉薄の11mmソケットをファクトリーギアの店員さんに紹介してもらいそれを購入。

ハンドルアームを社外に交換されているリール、たまに普通のソケットが入らなかったりするのですが、これで駄目ならアーム側の設計ミスということにします。

同じく、リール内の小さなバネを掴むために精密プライヤーを購入。商品名は骨抜きプライヤーですが、サンプルを触ってみると先は本当に細いのにキッチリつかめます。細いエナメル線を挟んで見ましたがガッチリ掴んでくれます。

他、木工・鉄鋼で使えそうなケガキ用のペンシルも紹介してもらい購入しました。

他、触ったこともない工具なども実際に手にとって触る事ができました。沖縄だと工具類を触って試すということがなかなか出来ませんので、とても助かります。

実際に触っておけば、実際に必要になったときに通販でも迷わず購入することができると思います。

当初は、初日の数時間と2日目は丸一日GIGAファクトリーギアを周ろうと思っていましが、3時間ほどで回ることができました。

大阪って・・

2泊して、色々回りましが私は大阪は向かないと思いました。よっぽどの用事がない限りはもう行くことはないと思います。

喫煙について

大阪・神戸に行く前から分かってはいたのですが、沖縄以外は喫煙する場所は殆どありません。IQOSなどの電子タバコなら・・と買っていったのですがそれさえ吸える場所は殆どありませんでした。

駅で、電車を1本遅らせてタバコ・・と考えていたのですが駅には喫煙所はひとつもありませんでした。

飲食店も酒を呑むような飲食店には入りませんでしたがタバコを吸えるような飲食店はありませんでした。

自転車のマナーが酷い

大阪でまず怖かったのが、自転車がものすごい勢いで歩道を走っています。車道でも逆走当たり前の無法地帯です。

大阪だったら、自転車に対する当たり屋が繁盛するんじゃ・・って思いました。

とにかく外国人が多い

沖縄でもそうなのですが、とにかく外国人観光客が多いです。中国・韓国・台湾なのでしょうか。20~30人位の団体旅行客があまり大きくない道をほぼ塞いで歩いています。

日本にもツアー旅行などがありますが、海外に団体旅行で行く日本人も同様の振る舞いをしているのでは・・と心配になりました。

海外の文化というものがあるとは思いますが、電車の通路をスーツケースで塞がれていた時にはかなりイラッとしました。文化ではなく民度?

ハキハキ・シャキシャキしているわけではない

これは私の完全な偏見だったのですが、大阪の人はせっかちでシャキシャキしていると思っていました。しかし、まったくそういう事はありません。

言ってみて分かったことはどちらかというと大人しくシャイな感じ。

飲食店での対応はよく言うとおっとりです。

この辺りは県民性なのでしょうね。

ANAはもう乗りたくない

今回飛行機はANAを使いました。

行きの大阪では、搭乗が40分ほど遅れました。帰りは、到着が30分以上遅れました。

安全第一ということは理解していますが「オクレタコトヲオワビシマス」という1mmも悪いとは思っていない言葉なんて必要ありません。

飛行機の到着が遅れたから、出発も遅れる事は理解できます。しかし、飛行機は色々往復しているわけですからもっと早く出発が遅れることはわかりますよね。

遅れると分かった時点で早めに連絡、遅れた原因をしっかり伝え、到着は何時くらいになるのかという下方修正をするべきではないでしょうか?

客には1時間前には空港に来るように案内しているわけですから、自分たちが遅れる時にもそれなりの説明責任があると思います。

那覇空港に到着したのは予定よりも40~50分遅れ17時前になっていました。空港で晩ごはんも済ませたのですが、その際の空港内のアナウンスの殆どは「ANAOOO便遅延」です。

1件だけJALの遅延がありましたが、9割以上ANAの遅延です。飛行機に乗るのは数年ぶりなのですが、ANAってそういうイメージはありませんでした。

遅延して当たり前という行動を取っている飛行機の会社が安全まで担保できるとは思えません。次回はANA以外の飛行機を使おうと思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ スバルへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
kawをフォローする

コメント

オススメ